本日、新居に置く下駄箱を木工所より新居に運び込みました。

 

 

 

 

 

 

天板にナラ材の一枚板を使い、

側面、扉板も楢の無垢材を使用しています。

とても重く、3人がかりでも大変な納入作業でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一枚板はやっぱりいいですね。

木口面も耳つき風にしています。
天板に割れがあったため、ウォールナットでチギリを入れています。

来客がある玄関ですから、良い物をと思い、かなり奮発しました。
こういったオーダーもできますので、興味が有る方はよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、アンリレッドオークチェストをサイズ別注して、階段下に埋込み、
食器収納としました。

幅170センチ、高さ107センチ、奥行60センチの大型サイズです。
これも運びこむのに苦労しました。

新居の埋め込み家具も既存品を利用して綺麗に作ることができます。
サイズオーダーできる家具もたくさんありますので、
新居を建ててて、大工さん造作の家具より、繊細な家具専門店の家具がいいという方は、
ご期待に答えられると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

  1. 高井剛
    Posted 2018年5月13日 at 10:54 | Permalink

    下駄箱なんですが、あんな感じで作ったら値段はどのくらいですか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>